「統一を実践する人々」に関する追加情報


日本側を代表し日本共産党幹部が参加し祝辞

郭グループで中心的役割をなしているユ・ギョンウィ氏が、共同代表を務める組織「統一を実践する人々」と「汎市民社会団体連合」が共催し、東京で行われた「日韓平和シンポジウム」に日本共産党幹部が参加し、その開会式において日本側を代表し祝辞を述べていました。

同シンポジウムは2013年11月に行われ、韓国側からは約30名が参加、日本側の参加者のほとんどは、今までにも郭グループの行事などに多く参加してきた教会員でした。

またこの日、「統一を実践する人々」と「汎市民社会団体連合」の日本支部発足式が行われましたが、その日本支部代表に就任したのは、最近、ほとんど教会に通っていない教会員です。

真の父母様を中心とする統一運動全般に対して、今も明確に反対の姿勢をとっている日本共産党の幹部が、同シンポジウムの日本側を代表し祝辞を述べたように、こうした活動は真の父母様がなしてこられた摂理を妨害するものです。

従って、こうした団体の活動に関わってしまった教会員におかれましては、その実態と危険性をよく認識し、よく祈り、天の願いと一致した方向に戻って来られること願います。

そして、教会員の皆様におかれましては、こうした団体と関わりを持って活動をすることは、天の摂理を妨げることになる危険性がありますので、十分に注意をし、何か疑わしいと感じた時には、所属教会の牧会者に報告し、相談するようにしてください。

※ 以下の関連情報もご覧ください。

「統一を実践する人々」という団体について