UCI(いわゆる「郭グループ」)に同調する神山威氏に対する声明文


世界本部からの2014年9月17日付「神山元会長集会に対する世界公文」、および日本教会の同年9月19日付「神山元会長の集会への対応について」の公文で明らかなように、元会長の神山威氏は真の父母様や世界本部の許可を得ずにUCI(いわゆる「郭グループ」)側の集会で講演をし、天一国経典『天聖経』の批判、真のお母様に対する批判、後継者問題に関する自らの考えで扇動し、統一教会および統一運動の一体化を損ねました。

郭グループ問題は、真の父母様が生涯路程において最も心を痛められた事件の一つです。しかもこの事件は真のお父様の晩年期において起こった事件という点で、負の遺産として永遠に歴史に記録される復帰歴史の大きな汚点とも言えるものです.その郭グループの集会で、真の父母様に愛され,会長を務めた経験をもつ神山氏が教会責任者等の制止も聞かず講演したことは、真の父母様の心情にさらなる大きな悲しみを与えることであり、私たち歴代会長団及び有志代表一同は、その神山氏の行動を深く憂慮するものです。

また、神山氏とそれに同調する者たちは、ブログ「今日の訓読のみ言友の会」に、日本での講演会の映像をアップするなどし、真のお母様に対する批判を繰り返し、真の父母様を十字架につける行動を今もなお取り続けています。この分派・分裂行動は、天一国時代の摂理を妨害するのみならず、今日までの天の父母様(神様)の摂理的勝利圏を否定するものであり、教会組織全体の一体化を損ね、弱体化させる重大事件と言わざるを得ません。

真のお父様の偉大な歴史的勝利圏は、真のお母様の歩みと共にありました。

真のお父様は、イエス様が成せなかった「聖婚式」をされ、人類の真の父母となられました。その勝利圏により、私たちも「祝福」の恩恵に与り、祝福家庭の一員として〝神の血統〟につながることができました。

真のお父様の勝利圏は、天の父母様と真のお父様の前に絶対信仰、絶対愛、絶対服従の基準を立て、50年以上も神のみ旨を中心として、真のお父様を支え、寝食を共にされ、連れ添われた真のお母様の歩みの勝利によっても成されたものです。

真のお父様は、2003年2月6日に2度目の聖婚式を挙行され、神様の直接主管圏での結婚式が成就したとして、「神様の婚姻申告」を発表されました。その真のお母様を批判し、その勝利圏を否定することは、私たち祝福家庭の存在価値そのものを否定することであり、真のお父様の勝利圏および神の血統をも否定する、まさに真の父母様に対する〝背信行為〟であり、絶対信仰とは対極をなす〝信仰の反逆行為〟であると言わざるを得ません。

『原理講論』に、「イエスと聖霊はアダムとエバの代わりに、人類を重生させてくださる真の父母として来られた」(155頁)とあるように、聖霊とは人類の真の母です。聖書に「聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない」(マタイ12・32)と記されているように、聖霊の実体であられる真のお母様を否定し言い逆らう者はゆるされません。また、そのような〝反逆行為〟は、真の父母様を中心として天一国を創建しようとする「天一国憲法」の根本精神にも反するものです。

よって、私たち歴代会長団及び有志代表一同は、UCI(いわゆる「郭グループ」)に同調している神山威氏に対して、次のように要求し、この声明文を公表するものです。

1.日本統一教会の歴代会長団及び有志代表一同は、UCI(いわゆる「郭グループ」)に同調している神山威氏が、今からでも遅くないので、深く悔い改め、真のお父様が、真のお母様と共に発表された「真の父母様宣布文」の指示に従い、日本統一教会の会長経験者に相応しい、真の父母様の前に忠孝の道理を尽くす、統一教会の信仰の王道・信仰の正道に一刻も早く立ち返ることを願う。

2.神山威氏は、これ以上のUCI(いわゆる「郭グループ」)に組みする反摂理的行動をやめ、真のお父様が2010年7月16日の「ボート会議」で直接、神山氏に対し語られた「顯進は先生と同じ方向に向いていない。なぜ顯進の方に行くのか。ちゃんと先生につながらないといけない」、「なぜ先生に質問しないで顯進の方に行くのか。こんな船の場を本当はつくりたくなかった。霊界に行っても言われるよ」というみ言をはじめ、其の他数々の警告のみ言を思い起こし、真のお父様が遺されたご意向を受けて、地上で統一運動の陣頭指揮をとられる真のお母様を支える祝福家庭および教会員の一員として、天の父母様および真の父母様の願われる本然の立場に戻るように願う。

3.神山氏は、今まで行ってきた天一国経典『天聖経』批判、真のお母様に対する批判等を撤回して深く悔い改め、さらには、ブログ「今日の訓読のみ言友の会」に掲載した日本での講演会の映像を削除するように要求する。そして、教会の一体化を損ねる行動を慎み、速やかに世界本部の指導に従い、天地人真の父母様を中心とする本来の祝福家庭の一員としてひとつになって行動するよう願う。

以上

2015年1月30日

日本統一教会・歴代会長団及び有志代表一同

小山田秀生、周藤 健、江利川安榮、大塚克己

古田元男、太田洪量、飯野貞夫、中田欣宏

松崎裕史、矢野治佳