“Response to the Criticism by the Sanctuary Church Part II” second half
【第2弾】サンクチュアリ教会側の批判に対する「応答」(後編)


We will continue on to the second half of this discussion. In the second half, we will respond to the criticisms by the Sanctuary Church. At the end of this discussion, we will introduce True Father’s words and talk about the general internal attitude we should have about this issue.


Unofficial Translation

 

9. Was “Cheon Seong Gyeong” falsified? Criticisms about the “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk.

 
During the sermon on July 19, 2015 Hyung Jin Nim criticized the “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk that,“Under the leadership of True Mother, the original “Cheon Seong Gyeong” was changed 80%. She also changed the national anthem of CIG, the Family Pledge and the Blessing Vow. She also changed monotheism to a dualism theory (by calling God ‘Heavenly Parent’) …”

【Response】
1.“Cheon Seong Gyeong” has not been falsified. The “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials and the “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk are clearly distinguished and differentiated. They are both important. We cannot compare if one is better than the other. The “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials is treasured and read in each family.

2.Both “Cheon Seong Gyeong”s are True Father’s words. As with the “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials, the “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk was compiled from the words in the “Sermons of Rev. Sun Myung Moon”. It was not falsified. The ones who started to criticize that the words have been falsified was the UCI group. Their criticism is not based on truth.

3.The “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk emphasizes the importance of the Eight Textbooks and Teaching Materials. The Eight Textbooks and Teaching Materials is introduced as being the “Last words for humankind, and the textbook and Teaching Materials that will last for eternity. It must be studied even after you go to the spirit word.” in the Scripture of Cheon Il Guk. (P1449 of “Cheon Seong Gyeong”, p991 of “Pyeong Hwa Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk. These words are included in “Cheon Seong Gyeong” and “Pyeong Hwa Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk because it understands the importance of the Eight Textbooks and Teaching Materials.

4.If there were a need to falsify the “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials, it probably would have been collected and disposed. However, this never happened, and the Textbooks and Teaching Materials are used as reference for many publications. As mentioned above, the word that the Eight Textbooks and Teaching Materials is the “Last words for humanity, and the textbook and Teaching Materials that will last for eternity. It must be studied even after you go to the Spirit word.” are included in the “Cheon Seong Gyeong” and “Pyeong Hwa Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk. The Eight Textbooks and Teaching Materials will not be disposed or falsified.

5.The “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials does not include True Father’s words after 2000. After True Father’s Seong Hwa, True Mother organized the words spoken by True Father throughout his entire life, including the words after 2000. Because of this we were able to prevent the division and confusion by sects making their own textbooks, collecting words except the Eight Textbooks and Teaching Materials and publicize them willfully. In fact, there really were some spiritual sects that were planning to publish collection of words after True Father’s Seong Hwa.

6.True Father has mentioned that, “The ‘Cosmic Assembly for the Settlement of the True Parents of Heaven, Earth and Humankind and for the Proclamation of the Word by God’s Substantial Self’ is the word that has been declared as the fruit of my entire life.” However, it was not included in the “Cheon Seong Gyeong” or the “Pyeong Hwa Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials. The reason why this was included in the Scripture of Cheon Il Guk is to maintain the tradition of words for eternity.

7.Regarding the “Pyeong Hwa Gyeong”, the many speeches True Father has given throughout his life has not been organized. The “Pyeong Hwa Gyeong” of the Holy Scripture is rich in content that includes approximately 180 speeches. The fact that True Father’s speeches declared to humanity have been organized is a great historical accomplishment.
Regarding the “Cham Bumo Gyeong”, the biggest concern of God and humanity is the “True Parents”. The “Cham Bumo Gyeong” includes the accomplishments achieved throughout True Parent’s life. The only way the life long accomplishments can be organized in a structured, conclusive way is after True Father’s Seong Hwa. The only person who can accomplish this is True Mother.

 

10.Changed the Blessing Vows

 
During the sermon on July 19, 2015 Hyung Jin Nim criticized that,“Under the leadership of True Mother, the original “Cheon Seong Gyeong” was changed 80%. She also changed the national anthem of CIG, the Family Pledge and the Blessing Vow. She also changed monotheism to dualism (by calling God ‘Heavenly Parent’)…”

【Response】
The “Blessing Vow” used to be as follows:
1) Do you, as mature men and women who are to consummate the ideal of the creation of God, pledge to become an eternal husband and wife in front of God and True Parents?
2) Do you pledge to become a true husband and wife, and raise your children to live up to the Will of God, and educate them to become responsible leaders in front of the Unification Family, all mankind, and Almighty God?
3) Do you pledge that, centering upon True Parents, you will inherit the tradition of the Unification Family, and pass this proud tradition down to the future generations of the Unification Family and to mankind?
4) Do you pledge that, centering upon the ideal of creation, you will inherit the Will of God and the True Parents, perfect the tradition of the Four Great Realms of Heart and the Three Great Kingships, loving the people of the world as God and True Parents do, and ultimately consummate the ideal family which is the building block of the Kingdom of God on earth and in heaven?

The following is the present version.
“Do you, as mature men and women who are to consummate the ideal of the creation of Heavenly Parent, pledge to become an eternal husband and wife, inherit the tradition of the True Parents of Heaven, Earth and Humankind, and ultimately consummate the ideal family which is the ultimate goal of Cheon Il Guk?”

When you compare the two versions, you will see that the following four points have been summarized briefly into one.
More specifically you will realize that each point has been simplified as, 1) “as mature men and women…pledge to become an eternal husband and wife?” is equal to “as mature men and women who are to consummate the ideal of the creation of Heavenly Parents pledge to become an eternal husband and wife”, 2) “raise your children to live up to the Will of God, and educate them to become responsible leaders in front of the Unification Family, all mankind, and Almighty God?” to “(educate the children to) ultimately consummate the ideal family which is the ultimate goal of Cheon Il Guk?”, 3) “centering upon True Parents, you will inherit the tradition of the Unification Family” to “inherit the tradition of the True Parents of Heaven, Earth and Humankind”, and 4) ultimately consummate the ideal family which is the building block of the Kingdom of God on earth and in heaven?” to “ultimately consummate the ideal family which is the ultimate goal of Cheon Il Guk?”.
From this point of view you can see that the “Blessing Vow” has been revised to meet the victorious foundation after Foundation Day, and that it is an eternal pledge that will be used even after the consummation of “Heaven” that all mankind can understand beyond race, ethnicity and culture.

 

11.Changed God’s name from “Heavenly Father” to “Heavenly Parent”

 
As mentioned earlier, during the sermon on July 19, 2015 Hyun Jin Nim criticized the name “Heavenly Parent” by commenting on the “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk that,“Under the leadership of True Mother, the original “Cheon Seong Gyeong” was changed 80%. She also changed the national anthem of CIG, the Family Pledge and the Blessing Vow. She also changed monotheism to dualism (by calling God ‘Heavenly Parent’)…”

【Response】
During the midnight prayer on January 1, 2010 True Father prayed, Beloved Heavenly Parent! In order to build Cheon Jeong Gung by unifying the Parents on earth who stand as Your counterparts, and remove all the pain and grief of Heaven….”
“Heavenly Parent” is the name and concept True Father himself uses towards the “one and only God”. It is not dividing Father and Mother, and referring to it separately.
By the way, True Father has spoken about the “human growth” and “goals in life” as follows:

“The entire process of growth we undergo – for example when a baby grows up and then eventually marries– all of this is keyed towards finding our position as a spouse and a parent. The goal is to find that position which allows us to become one body with God. We must understand how human growth is related with God. ” (283-80, 1997.4.8,) (Book 16, Chapter 2, Section 3, 3.1 The Four Great Realm of Heart, p2439, “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials)

True Father speaks about this as the following:
“The creation of human beings shows the renewed development of God Himself in a substantial way.” (225-198, 1992.1.20) (Book 11, Chapter 1, Section 3, 3.2.2, The process of human maturity is reflected in God’s own development, p1660, “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials)

“God too had times when He was like a baby, sibling, spouse and parent, and that is why He created them in this way.” (254-274, 1994.2.15) (Book 11, Chapter 1, Section 3, 3.2.2, The process of human maturity is reflected in God’s own development, p1661, “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks and Teaching Materials)

God was only seen as being “eternally unchanging” and “absolute” in traditional theology, without the concept of “God’s growth”. However as we see in the Bible, Jesus who said that, “I and the Father are one” (John 10:30) grew from infancy, childhood, adolescence and adulthood.
Needless to say, if life is “the course to search for the position to become one with God”, the wish for God and Jesus was to marry and become humanity’s “True Parent”.
True Father mentioned that Adam and Eve’s wedding is “God’s wedding” as follows:
“Adam and Eve, the horizontal parent, is God’s body, and God the vertical parent is the heart. When the heart and body become one in love, Adam and Eve’s wedding becomes the “body-like” wedding of the parent and the “heart-like” wedding of God at the same time.” (p22, “Family” 1999 January Edition)
“God’s wish to have a substantial body comes true when Adam and Eve perfect themselves with True Love. ….. God can settle in the substantial position as an eternal parent when Adam and Eve become True Parents by bearing good children.” (p29, “Blessed Family and the Ideal Heaven 1”, Japanese Version)
We can see that God’s hope was to become the “Heavenly Parent” as mentioned above, “God can settle in the substantial position as an eternal parent”.

God’s term has been changed to “Heavenly Parent” since Foundation Day 2013. This was possible because True Parents have achieved ultimate unity, and built the victorious foundation of declaring “perfection, completion and conclusion” of the providence.
True Father has referred to God as “the God trapped in loneliness without being able to love”, and “the God that could not reside in His Holy Palace”. However, by completing the responsibility as True Parents, God has been liberated and has become the “Heavenly Parent”.
True Father has spoken about the start of God’s lineage as follows:

“God would have been able to ideally reside in Adam’s body (the substantial body of God) and love Eve, if Adam and Eve had become husband and wife centered on God with True Love. Furthermore, Adam and Eve would have become True Parents, the substantial God, and would have started Good Love, Good Life and Good Lineage.” (p31-32, “Blessed Family and the Ideal Heaven 1”, Japanese Version)

As mentioned on p2344 of “Cheon Seong Gyeong” of the Eight Textbooks “An ideal family is the family that has completed the four great realms of heart and three great kingships”. If the completion of the three great kingships is the definition of an ideal family, then, this means the “completion of three generations” which consists of, man and woman becoming husband and wife through marriage, becoming parents by bearing children, and becoming grandparents by children bearing grandchildren.
However, as mentioned in the Divine Principle, “the resurrected Jesus and the Holy Spirit in oneness with God could form only a spiritual trinity. They could fulfill only the mission of spiritual True Parents.” (p268) we see that Jesus lived the “individual course” but never lived the “family course” since he was unable to marry.
So, the path True Parents lived as God’s providence from their “Holy Wedding” on March 16, 1960 (lunar calendar) until the Foundation Day on January 13, 2013 (heavenly calendar) is the “family course” or rather the “cosmic course” for them to grow to become “True Parents”. At the same time, this was a growth period for God to become the “Heavenly Parent.”
“Foundation Day is the day to celebrate God’s wedding and marks the substantial beginning of Cheon Il Guk.” (p1374, “Cheon Seong Gyeong” of the Scripture of Cheon Il Guk) The reason why we call God the “Heavenly Parent” from Foundation Day is because it represents the fulfillment of God’s historical long yearned wish to become a “parent”.

 

12.Criticisms about changing the Cheon Il Guk National Anthem

 
During the sermon on July 19, 2015 Hyung Jin Nim criticized that,“Under the leadership of True Mother, the original “Cheon Seong Gyeong” was changed 80%. She also changed the national anthem of CIG, the Family Pledge and the Blessing Vow. She also changed monotheism to dualism (by calling God ‘Heavenly Parent’)…”

【Response】
True Father has established “Blessing of Glory”, the Holy Song No.3 (the Holy Song No.4 in Japanese version) as the Cheon Il Guk anthem on June 2006. This Holy Song is still present at workshops and services. However, the melody is different for the Korean and Japanese version, which created the trouble of unifying its melody when it was sung in international assemblies. This problem continued for more than 6 years, until the time of True Father’s Seong Hwa. (We still must be careful when singing this song. This is a very sorrowful situation which damage the dignity of the National Anthem)

True Father set the national flower (rose and lily), the national bird (crane), and the national flag when establishing the Cheon Il Guk anthem. The present Cheon Il Guk anthem includes the concept to establish Cheon Il Guk, and the permanent value of freedom, peace, unity and happiness that all humankind wish for. It contains the meaning of honoring True Parents of Heaven, Earth and Humankind, and the prayer that the vision and hope for Cheon Il Guk will be filled in the 5 oceans and 6 continents up to the cosmos. In addition, it is very meaningful in the sense that we can sing vigorously by containing the rose, lily, crane and the national flag representing Cheon Il Guk, with the recognition of the “national anthem”.

The new Cheon Il Guk anthem is made with a unified melody of the Korean and Japanese Holy Song. It is a remarkable song that can be sung vigorously all together and that we can inspire each other, with its lyrics that raises the recognition of the song as the “national anthem”.

 

13.Changed “Year one of Cheon-gi” to “Year one of Cheon Il Guk”

 
The people who support the Sanctuary Church has criticized that “The ‘Year one of Cheon-gi’ has been changed to ‘Year one of Cheon Il Guk’ by True Mother in 2013. The many traditions of True Father are being overturned by True Mother.”

【Response】
1.True Father declared “Year One of Cheon-gi” (Heavenly Foundation) in 2010. True Mother declared “Year One of Cheon Il Guk” (God’s Heavenly Kingdom) on Foundation Day held on January 13, 2013 of the Heavenly Calendar. There are people who criticize True Mother for changing “Year One of Cheon-gi” to “Year One of Cheon Il Guk”. However, we must understand this from a standpoint that Heaven’s providence carried on by True Father was always together with True Mother’s victorious foundation.

2.True Father announced the start of “Cheon-gi” (Heavenly Era) on February 23, 1977 on his birthday. This is also the “Day of Victory on earth”. He has also spoken that: “Today, January 6, 1977 on the lunar calendar is the birthday of myself and my wife. We have celebrated it together also as the year of the historical new era of Cheon-gi. The entire cosmos will celebrate this day. This is a fact. Today Mother is going over her 33rd year; she is now 34. Jesus Christ could not go over the age of 33. He wanted to celebrate his 34th birthday with God, but he could not because of the crucifixion. Now that Mother’s age is going over 34 this year, she is going beyond the level of Jesus’ life of 33 years. Therefore today is an even more momentous day.” (Today in the light of Dispensational History, p545, God’s Will and the World, Japanese Version)

3.True Father declared the “Completed Testament Era” in 1993. Although he counted each year with the “Completed Testament Era”, True Father has spoken as the following on “True Parents Day”:
“Today is the 34th True Parents Day. It is the 33rd anniversary. The number 33 represents completion. It means that today’s True Parents Day is the same age as Jesus. Jesus was supposed to create a family at 33 years old, but was crucified instead.” (p55, “Blessing” 1993 Summer Edition)
A special celebration was held at East Garden, and a ring was given to True Mother.
“We recently celebrated Jesus’s 33rd birthday. So now I am rushing to make a completed world foundation to liberate Jesus by his 43rd birthday with a family.” (p34-35, “Family” 1993 September Edition)

4.True Parents conducted the “Coronation Ceremony for the Kingship of God” in Cheong Pyeong on January 13, 2001, and declared and counted “Cheon Il Guk”.
“Centering on January 13, 2001 the Holy Marriage Blessing Ceremony marking the beginning of Cheon Il Guk (the second Holy Wedding ceremony) has been conducted on CIG year one, two and three. True Parents can stand in the position of the King amongst the Cheon Il Guk families, because of this Holy Marriage Blessing. With the True Parents of Cosmic, Heaven and Earth standing in the position of completing the four-position foundation entering Heaven, Heaven’s doors will open and the foundation of unified hearts will be completed. (p59 “Spiritual life in the Era after the coming of Heaven”)
The year 2003 was True Mother’s 60th birthday. On this day, the second Holy Wedding or, the Wedding of God was conducted, as well as the marriage and birth report. This was to have been held if Adam and Eve had not fallen.

5.True Father declared the “Heavenly Calender” and counted the year using “Cheon-gi” on the 43rd “True God’s Day” and the 9th “Coronation Ceremony for the Kingship of God” on February 14, 2010.
He made a speech that “What was supposed to be completed in 7 years from 1945 to 1952 was prolonged because Christianity and the Cain/Abel nations and religions, together, were against Reverend Moon. January 13, 2013 marks the start of Cheon Il Guk. All education must be completed by the dates of importance in the providence, then everything will be accomplished.” (February 14, 2010)
As mentioned above, True Father has counted the years using “Cheon-gi” (Heavenly Era), “Completed Testament Era”, “Cheon Il Guk Era” and “Cheon-gi” (Heavenly Foundation) with True Mother. However, as he said that “January 13, 2013 marks the start of Cheon Il Guk” we can understand that True Father’s will is to count “Cheon Il Guk” starting from the Foundation day on January 13, 2013 marking the start of “Cheon Il Guk”.

 

14.There is nowhere in the Bible that mentions the inheritance by woman after the Messiah’s ascension

 
Sanctuary Church’s supporter Ho Tek Lee criticizes True Mother’s leadership of Blessed Families after True Father’s Seong Hwa that, “There is no where in the Bible that mentions the inheritance by woman after the Messiah’s ascension.”

【Response】
Valuing “True Mother” is the key to unite with “True Father”
(No one can say, “Jesus is Lord” except in the Holy Spirit. 1 Corinthians 12:3)

1.Ho Tek Lee, a supporter of the Sanctuary Church, said that, “There is no where in the Bible that mentions the inheritance by woman after the Messiah’s ascension.” He has been criticizing True Mother’s leadership of the Blessed Families after True Father’s Seong Hwa.
However, comments like this come from wrong thinking based on ignorance towards the Bible. The Bible includes the leadership of the “Holy Spirit”, the Spiritual True Mother, leading the followers after Jesus’s crucifixion. It also says that, “No one can say ‘Jesus is Lord’ except in the Holy Spirit”.

2.Before His crucifixion, Jesus spoke about the Holy Spirit (Spiritual True Mother) leading the followers after the crucifixion and resurrection, as follows: “And I will pray the Father, and he shall give you another Comforter, that he may abide with you for ever…But the Comforter, which is the Holy Ghost, whom the Father will send in my name, he shall teach you all things, and bring all things to your remembrance, whatsoever I have said unto you. (John 14:16-26) In addition, Jesus during his resurrection has said to his disciples that, “But you will receive power when the Holy Spirit comes on you; and you will be my witnesses in Jerusalem, and in all Judea and Samaria, and to the ends of the earth.” (Acts 1:8) As Jesus has predicted, the Holy Spirit together with Jesus has lead Christians after the Pentecost.

3.As the Principle teaches, the rebirth of Christians is possible through the “Holy Spirit”, the spiritual True Mother. This is why it says in the bible that, “No one can say ‘Jesus is Lord’ except in the Holy Spirit”. (1 Corinthians 1:3) and “He saved us through the washing of rebirth and renewal by the Holy Spirit” (Titus 3:5)

4.As mentioned, “rebirth” does not happen by True Father alone, but together with True Mother. This is why Jesus gives a warning that, “Anyone who speaks a word against the Son of Man will be forgiven, but anyone who speaks against the Holy Spirit will not be forgiven, either in this age or in the age to come.” (Matthew 12:31-32) The ones that have experienced the Holy Spirit are given the warning that, “It is impossible for those who have once been enlightened, who have tasted the heavenly gift, who have shared in the Holy Spirit, who have tasted the goodness of the word of God and the powers of the coming age and who have fallen away, to be brought back to repentance. To their loss they are crucifying the Son of God all over again and subjecting him to public disgrace.” (Hebrews 6:4-6)

5.Jesus could not substantially restore a True Mother during his physical life on earth. Therefore, he could not remove the original sin. He started the works of “spiritual rebirth” only with the Holy Spirit (spiritual True Mother) after the crucifixion and resurrection. The New Testament Age ended only with spiritual salvation. However, True Father, the second advent, has substantially restored True Mother, and opened the path to remove the original sin. This is why we are able to welcome the Completed Testament Age. In the Divine Principle there is a thought provoking, meaningful phrase that says, “the Completed Testament Age following the Second Advent of Jesus is the age of the heifer, or the age of the wife. The reason why some spiritual mediums have received the revelation that the present era is the age of a cow or heifer is because we are entering the completion stage.”

 

15.The criticism about “Only True Mother’s name being engraved in the Blessing Ring for 2013 Foundation Day

 
image001Hyung Jin Nim has criticized during the sermon on July 19, 2015 that “We did not know such a thing was happening during the Blessing on 2013 Foundation Day.
Only True Mother’s name is engraved in the blessing ring.
True Father’s name has been removed.” The people of the Sanctuary Church believe that the ring with True Mother’s sign is being “cursed”. They are making orders to take it off  and keep it off until the engraved name is removed.

【Response】
The signature engraved in the ring was for the ring manufacturer to prove the official approval of True Parents. The ring manufacturer commented that, “Around 2007, True Mother has picked this ring and signed it when we asked True Parents to decide the design for the ring. Ever since we have been making the ring with this design. However, in order to compete against other unofficial companies that sell the ring at a cheaper price, we decided to engrave True Mother’s signature to prove its legitimacy since 2013.”
As we see here, True Mother’s signature (the signature given in 2007 when True Parents were selecting the ring’s design) is engraved for the ring company to prove its legitimacy. The criticism that “True Father’s name has been removed” is mistaken. The signature is engraved to prove the legitimacy that this is the ring that True Parents has selected for us.

 

16.The criticism about “Replacing True Parent’s picture with True Mother’s picture in Han Nam Dong”

 
image002Some people from the Sanctuary Church are claiming that, “All the pictures of True arents have been replaced with only True Mother’s pictures.”
One person has posted a picture during Foundation Day in their blog commenting, “Take a look at this picture during a service at the Han Nam Dong House owned by the Moon Family in Seoul, Korea.
If you take a close look at the portrait above In Sup Park, you we see that there is only Hak Ja Han, and Sun Myung Moon is missing. He has been erased.”

【Response】
This criticism is an irresponsible statement without verification. If you look at the picture of each room in Han Nam Dong, you will see True Parent’s picture in every single room. We need to know the truth to protect ourselves from being swayed by these criticisms.

image2 image3
image4 image5
image6 image7

 

17. Criticism regarding the Family Federation logo mark

 

YouTube

YouTube

The Sanctuary Church is criticizing the Family Federation logo that it is representing the “scarlet coloured beast” in the Revelation 17. In Revelation 17:3 it says that “So he carried me away in the spirit into the wilderness: and I saw a woman sit upon a scarlet coloured beast, full of names of blasphemy, having seven heads and ten horns.”

Official

Official

【Response】
The unofficial logo is used when the Sanctuary Church followers criticize the Family Federation logo. Comments such as “the sun looks like an unnatural shaped head similar to a goat’s hair and thorn,”, and “the hands do not look like hands, they look more like an animal’s thorn” are being made based on the unofficial logo. This is a criticism without verification.
image8However, as with the Unification logo, we must understand that True Father has given the Family Federation logo to us with heaven’s approval. In reality, the Family Federation logo has been used along with the Unification logo since “God’s wedding”, also referred to as the “second Holy wedding” on February 6, 2003. Criticizing the Family Federation logo is the same as criticizing True Father who has set up this logo.

 

18.Other Criticisms and points we need to remember

 
a.True Father speaks about True Mother as the following:

1) “Even if I die, True Mother has the ability to lead the Unification Church, so the time will come when True Mother will give sermons. When this time comes, you must have absolute obedience towards True Mother. Once she decides, the determination to clear up the difficult history of “han” in her own lifetime is stronger for True Mother than me. True Mother has become the owner of cleaning everything up, so if you become a Unification family member who can see the importance of True Mother over me, you will receive much grace.”(p351-352, True Parent’s Life Course 10)

2) “The time has come when you must unify into one centering on True Mother. So even if True Father is gone, True Mother is given the privilege. When True Father is not here, you must think of True Mother. Please understand this, and have the heart to attend True Mother in your hearts instead of me, and give prayers like this. You have loved me until now, but you must love True Mother from now on. Here I declare to the world, and to Heaven and Earth that if I am the first leader, True Mother is the second leader.”(p265-310, November 27, 1994 Selection of True Parent’s words)

There are numerous words like this that speak about the same content. True Father has set True Mother as the second leader. Shouldn’t we have absolute obedience towards True Father’s will? True Father has said that “True Parent is eternal, one and only” and “the Parents of all times”. We feel deep sorrow that in some of the recent comments by the True Children there are ones that go against these words.

b.We must unite with True Mother as the absolute center after True Father’s Seong Hwa.

“There is only one tradition! It is centered on True Father! Don’t be affected by any other person’s words. You must not follow any thing besides the words taught by True Father, and the words about the principle by True Father. Now, centering on True Father, I have set True Mother. When I go to the spirit world, you must absolutely become one with True Mother as the absolute center. The path True Mother must live now must be centered on the words and speeches I have given. There will be no forgiveness if any other words are spoken.”(p68, “Blessing” Summer 1995 Edition)

“As with the time when woman was created centered on Adam, woman will be recreated centered on the Heavenly man. It will be created centered on the one person representing the foundation of perfected women of the world. The person who has done this is True Mother. She followed me, right behind me, all along. (p77, July 1, 1992 “The Absolute Value of True Parents and the Path of Tribal Messiah”)

“From now on, there will be no problems for True Mother alone to live God’s will without True Father. Until now it was not possible for woman to stand as the leader of the providence representing Heaven and Earth. But now centering on the ideal oneness with the parental love, the realm of the liberation of women centering on True Mother has been declared on earth for the first time in history. So even if I am alone I represent True Parents, and even if True Mother is alone, she represents True Parents. (p115-116, March 27, 1990 “The Absolute Value of True Parents and the Path of Tribal Messiah”)

“True Mother is like my (True Father) shadow. Since she is like the shadow that follows me around, I am the substantial subject leader, and True Mother is the object leader. So I am the first founder and True Mother the second founder. Centering on what? Centered on Love.”(p116, May 6, 1990 “The Absolute Value of True Parents and the Path of Tribal Messiah”)

 “The time has come when you must unify into one centering on True Mother. So even if True Father is gone, True Mother is given the rights now. When True Father is not here, you must think of True Mother. Please understand this, and have the heart to welcome True Mother in your hearts instead of me, and give prayers like this. You have loved me until now, but you must love True Mother from now on. Here I declare to the world, and to Heaven and Earth that if I am the first leader, True Mother is the second leader.”(p116-117, November 27, 1994 “The Absolute Value of True Parents and the Path of Tribal Messiah”)

Even if I go to the spirit world, the spiritual and physical world can unify as long as True Mother is alive on earth. I can come and live with True Mother on earth anytime. There are many members in the Unification Church who live like this. They live together. They speak to each other without others even noticing saying, “Which one do you like, honey?” The spouse in the spiritual world will teach you everything. “Be aware for this situation today. A man like this will appear and this will happen.” There are many couples like this. You can live with your spouse on earth even if you go to the spiritual world.(p117, October 15, 1993 “The Absolute Value of True Parents and the Path of Tribal Messiah”)

As mentioned above, True Father has declared publicly that he will come and live with True Mother after his Seong Hwa. He never spoke about coming to live with True Children. Today we are living at a period where we must unify with True Mother, the one True Father has spoken of that he will come down and live with.

Here I concludes my speech. Thank you very much.

– The End –

<日本語>

 
 引き続き、後編の内容に入ってまいります。後編では、サンクチュアリ教会側が行っている批判を取り上げ、その批判に対する「応答」を述べた上で、最後に、真のお父様の御言を紹介し、私たちが持つべき総合的な心構えについて、述べていこうと思います。

 

(9)『天聖經』を改竄した? 天一国経典『天聖經』の批判について

 
 亨進様は、2015年7月19日の説教で「お母様の指導の下、天聖經は80%変えられ、天一国の歌、家庭盟誓、聖婚問答も変えられました。(神を「天の父母様」と呼んで)一神教を二元論に変えられ……」と語って、天一国経典『天聖經』を批判している。

【応答】
 この点について、応答いたします。
1、『天聖經』は改竄しておりません。八大教材・教本『天聖經』と天一国経典『天聖經』は、明確に区別されており、別のものです。そして、両者は共に重要です。どちらかが優れ、どちらかが劣っているなどと、比較することはできません。今も、八大教材・教本『天聖經』は各家庭で大切にされ、訓読されています。

2、どちらの『天聖經』も、共に真のお父様の御言です。天一国経典は、八大教材・教本『天聖經』と同様に、『文鮮明先生御言選集』から御言を抽出して編纂したものです。御言の改竄など、しておりません。「改竄した」と騒ぎ始めたのは、いわゆる「郭グループ」ですが、その批判は事実に反したものです。

3、天一国経典『天聖經』は、八大教材・教本を生命視しています。天一国経典には、八大教材・教本が「人類のための遺言であり、永遠の人類の教材、教本である。霊界に行っても学ばなければならない」という御言が収録されています(天一国経典『天聖經』1449ページ、『平和經』991ページ)。この御言が、天一国経典『天聖經』や『平和經』に明記されている理由は、「八大教材・教本」を重要視しているからに他なりません。

4、もし、八大教材・教本『天聖經』を改竄する意図があれば、八大教材・教本を回収し廃棄したでしょう。しかし、それは廃棄されず、今もさまざまな出版物に引用されています。前述したように、八大教材・教本が「人類のための遺言であり、永遠の人類の教材、教本である。霊界に行っても学ばなければならない」という御言は、天一国経典『天聖經』『平和經』に収められています。八大教材・教本が廃棄、改竄されることはありません。

5、八大教材・教本『天聖經』には2000年以降の真のお父様のみ言が収録されていませんでした。お父様の聖和後、お母様は2000年以降の御言を含め、お父様の生涯全体の御言を整理していかれました。それは、「八大教材・教本」以外の御言を集めて、分派が「御言集」を作成して勝手に公表し、分裂と混乱を引き起こすことを未然に防ぐことになりました。事実、「お父様の聖和後、御言集を出そう」と準備をしていた霊的集団があります。

6、真のお父様は、「先生が生涯全体の結実として宣布した御言、それが『天地人真の父母定着実体御言宣布天宙大会』です」と語られましたが、この御言は八大教材・教本『天聖經』や『平和神經』に含まれていませんでした。この結実の御言が天一国経典に収録されたのは、未来永劫に御言の伝統を残していくためです。

7、『平和經』についてですが、真のお父様は生涯にわたって数多くの講演会をされましたが、その講演文も未整理状態でした。天一国経典『平和經』には、約180篇もの講演文が収録されており、充実したものとなっています。お父様が人類に向かって宣布された講演文が一冊に整理されたことは、大きな歴史的価値のある業績です。
また、『真の父母經』について。神様や人類にとって最大の関心事は「真の父母」です。その真の父母様の生涯の業績をまとめたものが『真の父母經』です。全生涯を体系的かつ最終的にまとめる作業は、お父様の聖和後でなければなりませんが、それを成し得るお方は、真のお母様以外におられません。

 

(10)「聖婚問答」を変えた

 
 亨進様は、2015年7月19日の説教で「お母様の指導の下、天聖經は80%変えられ、天一国の歌、家庭盟誓、聖婚問答も変えられました。(神を「天の父母様」と呼んで)一神教を二元論に変えられ……お母様ご自身を神やメシヤと呼び、従順な対象の位置を離れました」と語り、お母様を批判している。

【応答】
 以前の「聖婚問答」は、次のようになっていました。
1.あなたがたは、神様の創造理想を完成する成熟した善男善女として、永遠なる夫婦の因縁を結ぶことを神様と真の父母様の前に約束しますか。
2.あなたがたは、真の夫婦となり、今後子女たちをみ旨にかなうように養育し、統一家全体と人類と神様の前に必要とされる指導者を養成することを約束しますか。
3.あなたがたは、真の父母様を中心として、統一家の伝統を受け継ぎ、後代の統一家の後孫たちと人類の前に誇り得る伝統を伝授することを約束しますか。
4.あなたがたは、創造理想を中心として、神様と真の父母様のみ旨を受け継ぎ、神様の四大心情圏と三大王権的伝統を確立し、神様と真の父母様とともに世界の人々を愛し、地上天国建設と天上天国建設の基本となる理想的家庭を形成することを約束しますか。

 上記の内容が、現在は、次のようになっています。
 「あなたがたは、天の父母様の創造理想を完成する善男善女として、永遠なる夫婦の因縁を結び、天地人真の父母様が立てられた伝統を受け継ぎ、天一国が目指す理想家庭を完成することを約束しますか」

 両者を比較すると、四つの内容が、簡潔に一つにまとめられたことが分かります。
 すなわち、①の「成熟した善男善女として永遠なる夫婦の絆を結ぶ」が、「天の父母様が創造理想を完成した善男善女として永遠なる夫婦の因縁を結び」に、②の「子女たちを神の前に必要とされる指導者として養育」が、(子女を教育して)「天一国が志向する理想家庭を完成する」に、③の「真の父母様を中心として、統一家の伝統を受け継ぎ」が、「天地人真の父母様が立てられた伝統を引き継ぎ」に、④の「地上天国建設と天上天国建設の基本となる理想的家庭を形成」が、「天一国が志向する理想家庭を完成する」に、それぞれ対応しており、実に〝簡潔〟にまとめられていることが分かります。
 このように見ていくと、「聖婚問答」は、基元節を迎えて、その時代的勝利圏に従って変化したものであり、万民が人種や民族、文化を越えて理解し、「天国」の完成後においても、永遠に誓い得る「宣誓文」になっていると言えます。

 

(11)神様の呼び名を、「天のお父様」から「天の父母様」に変えた

 
 前述したように、亨進様は、2015年7月19日の説教で、「お母様の指導の下、天聖經は80%変えられ、天一国の歌、家庭盟誓、聖婚問答も変えられました。(神を「天の父母様」と呼び)一神教を二元論に変えられ……」と述べ、「天の父母様」の呼び名を批判している。

【応答】
 この問題について、応答いたします。
 真のお父様は、2010年1月1日、午前零時の祈祷で愛する天の父母様。地上に相対的立場に立った地上の父母様を一体化させて天正宮博物館を建て、天の内外のあらゆる苦痛の道、嘆息の道を除去させるために……」と祈っておられます。
 この「天の父母様」は、真のお父様ご自身が「唯一なる神」に対して用いておられる呼び名であり、一つの概念です。父と母に分離させ、二つに分けて語っておられるのではありません。
 ところで、真のお父様は、〝人間の成長過程〟と〝人生の目標〟について、次のように語っておられます。

 「幼児が成長したのちに結婚をするということ、これは、夫婦の位置を尋ね求めていくことであり、父母の位置を尋ね求めていくことです。神様と一体になる位置を尋ね求めていく道です」(八大教材・教本『天聖經』2336ページ)
 この人間の成長が、神様とどう関係しているのかを理解しなければなりません。真のお父様は次のように語っておられます。
 「人間創造とは、神様ご自身が成長してきたことを実際に再度展開させてきたものです」(同、1590ページ)
 「神様も赤ん坊のような時があり、兄弟のような時があり、夫婦のような時があり、父母のような時があったので、(人間を)そのように創造されたのです」(同、1591ページ)
 従来の神学では、神様を〝永遠不変〟〝絶対者〟としてのみ捉え、「神の成長」という概念を知りませんでした。しかし、「わたしと父とは一つ」(ヨハネ10・30)と語られたイエス様は、聖書を見れば分かるように、幼児期、少年期、青年期、成人期と成長していかれました。
 「神様と一体になる位置を尋ね求めていく道」が人生であるなら、神様とイエス様の願いは、さらに結婚をし、人類の〝真の父母〟になることであったと言わざるをえません。
 真のお父様は、アダムとエバの結婚式は「神様の結婚式」でもあったと次のように語っておられます。
 「横的な父母であるアダム・エバは神様の体であり、縦的な父母であられる神様が心なのです。……ここで心と体が一つになって愛するとき、アダム・エバの結婚式は〝体〟的な父母の結婚式であると同時に、〝心〟的な神様の結婚式になるのです」(「ファミリー」1999年1月号、22ページ)
 「アダムとエバが真の愛で完成することは、まさに神様が実体を身にまとう願いが成就するのです。……アダムとエバが善なる子女をもって真の父母になることは、まさに神様が永存の父母の位を実体的に確定(することです)」(『祝福家庭と理想天国(1)』29ページ)
 ここにおいて、「神様が永存の父母の位を実体的に確定」すると語っておられるように、神様の願いは「天の父母様」になることでした。
 2013年の基元節を機に、神様の呼び名が「天の父母様」になりましたが、それは、真の父母様が「最終一体」を成し遂げ、摂理の「完成、完結、完了」を宣布する勝利圏を立てておられたがゆえに可能だったのです。
 真のお父様は、これまで、神様を「囹圄の神」「鼓子の神」と語っておられましたが、神様は解放され、さらには人類子女たちに対する真の父母としての責任を果たされることによって、ついに「天の父母様」となられたのです。
 また、真のお父様は、神様の血統の出発について次のように語っておられます。

 「アダムとエバが神様を中心とした真の愛の夫婦となれば、神様は理想どおりに、ご自身の実体であるアダムの体の中にいましたまいながら、エバを愛されるようになるのです。さらには、アダムとエバは神様の実体をまとった真の父母となって、善なる愛、善なる生命、善なる血統の出発となったことでしょう」(同、31~32ページ)
 御言に、「四大心情圏と三大王権を完成した家庭が、理想的な家庭」(八大教材・教本『天聖經』2344ページ)とあるように、三大王権(三代圏)の完成が理想家庭であるならば、それは、男女が結婚して夫婦となり、子女ができて父母となり、さらにその子女が結婚して孫が生まれ、祖父母となって、その孫の結婚までを含め、真の家庭の 〝三代圏の完成〟を指します。
 しかし、『原理講論』に、「イエスと聖霊とは、神を中心とする霊的な三位一体をつくることによって、霊的真の父母の使命を果たしただけで終わった」(268ページ)とあるように、イエス様は〝個人路程〟を歩まれましたが、結婚できなかったために、家庭路程を歩むことはできませんでした。
 それゆえ、真の父母様が歩まれた1960年陰暦3月16日の「聖婚式」から2013年天暦1月13日の「基元節」までの神様の摂理は、真の父母様が「真の父母」として成長し完成していかれる〝家庭路程〟ひいては〝天宙的路程〟であったと捉えることができます。同時にそれは、神様が「天の父母様」になられる成長過程だったと言えるのです。
 「基元節は、神様の結婚式を祝賀し、天一国を実体的に出発する起点となる日です」(天一国経典『天聖經』1374ページ)。したがって、「基元節」を機に、神様を「天の父母様」と呼ぶようになったのは、神様が長い歴史において切望してこられた〝父母〟になりたいという切なる願いがかなったことを意味しているのです。

 

(12)天一国の歌を変えたという批判について

 
 亨進様は、2015年7月19日の説教で「お母様の指導の下、天聖經は80%変えられ、天一国の歌、家庭盟誓、聖婚問答も変えられました。(神を「天の父母様」と呼んで)一神教を二元論に変えられ……お母様ご自身を神やメシヤと呼び、従順な対象の位置を離れました」と語り、お母様を批判している。この件について、応答いたします。

【応答】
1、真のお父様は2006年6月、聖歌3番(日本の聖歌4番)の「栄光の賜物」を天一国の歌として制定されました。この聖歌は、今も修練会や礼拝等で歌われています。ところが、残念なことに、韓国と日本では聖歌3番のメロディーが異なっており、国際集会等で歌うとき、いくら指導しても歌が揃わず乱れる現象が起こりました。この歌の乱れは、お父様の聖和される頃、6年を経過しても続いていました。(おそらく、今も強く意識しなければ歌が乱れることでしょう。実に悲しく、国歌の威厳を傷つける現象でした。)

2、真のお父様は、天一国の歌を制定された時、国花(バラとユリ)、国鳥(鶴)、天一国旗なども定められました。現在の天一国の歌は、天一国を成す概念が盛り込まれ、人類が願う自由・平和・統一・幸福などの恒久的価値も謳われています。天地人真の父母様を称え、天一国ビジョンと願いが五大洋六大州と天宙まで満ちることを祈る内容です。また、天一国の象徴バラ、ユリ、鶴、天一国旗などが含まれ、「国歌」としての意識をもって力強く歌うことができる意味で、実に意義深いものと言わざるを得ません。

3、新しい天一国の歌は、韓国と日本のメロディーが一致した聖歌が用いられており、かつ、歌詞も「国歌」の意識を高揚できる内容があるため、全員が力強く声を揃えて歌い、互いに鼓舞しあうことのできる優れた国歌であると言えるでしょう。このようなことを成し得るお方は、真のお父様と完全一体となられた真のお母様以外におられません。

 

(13)「天基元年」を「天一国元年」に変えた

 
 サンクチュアリ教会を支持する人々は、真のお父様が2010年に定められた「天基元年」が、真のお母様によって2013年「天一国元年」に改められた。このようにして、お父様が立てられた伝統が、ことごとく真のお母様によって覆されている、と批判している。

【応答】
 この点について、応答いたします。
1、真のお父様は、2010年に「天基元年」を宣布されました。そして2013年天暦1月13日の「基元節」を期に、真のお母様は「天一国元年」を宣布されました。そのことに対し、真のお母様は「天基元年」を「天一国元年」に変えたと言って批判する人がいます。しかし、真のお父様が進められた天の摂理は、常に真のお母様の勝利圏と共にあったという事実を踏まえて、そのことを理解しなければならないでしょう。

2、真のお父様は1977年2月23日の聖誕日に「天紀元年」を発表されました。その日は「地勝日(天地勝利の日)」でもあります。そして次のように語られました。
 「きょう、陰暦の1977年の1月6日は私と妻の誕生日であり、また歴史的新紀元の年(天紀元年)を発表した日として、全員でそれを祝いました。全宇宙も祝ってくれます。事実なのです。それは天宙的新紀元が始まるからです。きょう、妻は34歳を越えます。イエス様は33歳以上行くことができませんでした。イエス様は、34歳の誕生日を神と共に祝いたかったのです。しかし、十字架のゆえにできませんでした。今年、妻は、34歳を越え、イエス様の33歳を越えていくことになります。ですから、そういう意味でも、きょうは最も記念すべき日なのです」(『御旨と世界』545ページ)

3、真のお父様は1993年に「成約時代」を宣布され、「成約時代」を数えられましたが、その年の「父母の日」に次のように語っておられます。
 「きょうは第34回父母の日です。33周年です。33は完成を意味します。それは、きょうの父母の日はイエス様の年齢だということです。イエス様は、33歳の時に家庭をなすはずでしたが、十字架上で亡くなり、その立場をなせませんでした」(『祝福』1993年夏季号、55ページ)。
 そして、イーストガーデンで特別なお祝いをされ、お母様に指輪を送られました。
 「この前、イエス様の33回目の誕生日を祝いましたね。…それで先生は、イエス様を解放して、イエス様が家庭を持って43歳(2003年)になるまでに、完全な世界的基盤をつくらなければならないので急いでいるのです」(『ファミリー』1993年9月号、34~35ページ)

4、真のお父様は2001年1月13日、清平で「神様王権即位式」を挙行され、「天一国」を宣布して「天一国」を数えられました。
 「2001年1月13日を中心として、天一国一年、二年、三年に、天一国開門祝福聖婚式(2度目の結婚式)をしました。祝福聖婚式をしたので、天一国家庭において、真の父母が王の位置に立つことができるのです。それで、天宙・天地父母が四位基台を備え得る位置に立って天国に入っていけることにより、天国が開いて心情的一体圏ができるのです」(『後天時代の生活信仰』59ページ)と語られました。
 2003年はお母様の還暦でもあります。この2度目の結婚式の時に、アダムとエバが堕落せずに完成したなら行うはずの神様の結婚式をされ、婚姻申告、出生申告をされました。

5、真のお父様は2010年2月14日、第43回「真の神の日」「神様王権即位式」9周年に「天暦」を発表され、「天基」を数えられました。
 そして、「1945年から7年間である1952年に終わるものを、キリスト教とカイン・アベルの国家、宗教が一つになって文総裁に反対し…歴史が延長したのです。2013年1月13日は、天一国の紀元となる日です。…摂理が掛かっている日付までに教育を完了し…すべて(の摂理)が終わるのです」(2010.2.14)と語られました。
 このように、お父様はお母様と共に「天紀」「成約時代」「天一国時代」「天基」を数えていかれましたが、「2013年1月13日は、天一国の紀元となる日」と語っておられたように、2013年1月13日「基元節」をもって「天一国元年」を発表され、そこから「天一国」を数えていかれることは、お父様の御意であると言えます。

 

(14)聖書の中に、メシヤが亡くなった後で、女性が相続すると書かれたところはない?

 
 サンクチュアリ教会を支持する李稿宅氏は、「聖書の中に、メシヤが亡くなった後で、女性が相続することについて書かれているところはありません」と述べて、真のお母様が、お父様の聖和後、祝福家庭をはじめ食口たちを指導することに対して批判している。

【応答】

「真の母」を重んじることが、「お父様」との一体化の鍵である
(「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』と言うことができない」Ⅰコリント12・3)

1、サンクチュアリ教会を支持する李鎬宅氏は、「聖書の中に、メシヤが亡くなった後で、女性が相続することについて書かれているところはありません」と述べて、真のお母様が、お父様の聖和後、祝福家庭をはじめ食口たちを指導することに対して批判しています。
 しかし、このような主張は、聖書に対する〝無知〟が生み出した誤った考え方です。聖書には、イエス様が十字架で亡くなった後、霊的真の母である「聖霊」が信徒たちを導いて指導していくことについて記されており、しかも「聖霊によらなければ、だれも『イエスを主である』と言うことができない」と述べています。

2、イエス様は十字架で亡くなる前、十字架と復活の後、聖霊(霊的真の母)が信徒を導くことについて次のように語っておられました。「父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。……助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう」(ヨハネ14・16-26)と。また、復活後、弟子たちに現れたイエス様は、「聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたし(イエス)の証人となるであろう」(使徒行伝1・8)と語っておられました。これらのイエス様の預言通り、ペンテコステ以降は、聖霊がイエス様と共にクリスチャンを導いていくようになりました。

3、原理が教えているように、霊的真の母である「聖霊」を通じてこそ、クリスチャンは霊的に重生されます。ゆえに、聖書には、「聖霊によらなければ、だれも『イエスを主である』と言うことができない」(Ⅰコリント12・3)とあり、さらには「聖霊により新たにされて、わたしたちは救われたのである」(テトス3・6)と書かれているのです。

4、このように「重生」の役事は、真の父だけで成されるのではなく、必ず真の母を通じなければなりません。ゆえにイエス様は、「人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない」(マタイ12・31-32)と警告しておられます。また聖霊にあずかった者に対しては、「いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者となり、また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが、そののち堕落した場合には、またもや神の御子を、自ら十字架につけて、さらしものにするわけであるから、ふたたび悔改めにたち帰ることは不可能である」(ヘブル6・4-6)とも警告されています。

5、イエス様は、地上での肉身生活において、実体の真の母を復帰することができませんでした。それゆえ原罪を清算することができず、十字架と復活の後で、霊的真の母である聖霊と共に「霊的重生」の役事だけを行うようになりました。新約時代は、霊的救いで終わったのです。しかし再臨主であられる真のお父様は、実体の真の母を復帰され、原罪を清算する道を開かれました。それゆえ成約時代を迎えることができたのです。『原理講論』に、「イエス再臨以後の完成成約時代は、妻の時代、すなわち、雌牛の時代であることを知らなければならない。ゆえに、雌牛は、とりもなおさず、完成を象徴するのである」(321ページ)と説明されていますが、そこには示唆に富む、意味深いものがあると言えます。

 

(15)「2013年、基元節の祝福指輪には、お母様の名前だけが刻まれている」という批判

 
image001 2015年7月19日の説教で、亨進様は、「2013年、基元節の祝福の時、このようなことが起こっていたとは、私たちも知りませんでした。祝福指輪の内側に、お母様の名前だけが刻まれているのです。お父様の名前が祝福指輪から消されてしまいました」と批判している。サンクチュアリ教会側の人は、お母様のサインを入れたものは、「呪いを象徴」している。直ちに外し、刻印を消すまで身につけないようにと言っている。

【応答】
 この件について応答いたします。
 この指輪に刻まれたお母様のサインは、指輪会社が、真の父母様の正式認可をアピールに入れたものです。指輪会社は、次のようにコメントしています。「2007年頃、真の父母様に指輪のデザインを決めていただく際に、お母様がこれがいいと決めてくださり、サインをくださいました。それ以降、そのデザインで指輪を製作してきましたが、2013年、さらに安く指輪を販売する非公式会社と競争になり、正統性をアピールするために、いただいたサインを刻んだものです」
 このように、お母様の名前の刻印は、2007年に真の父母様によって選んでいただいた際、お母様がサインされていたその文字を、指輪会社が正統性のアピールのために刻印したものです。「お父様の名前が祝福指輪から消されてしまいました」という批判は的外れであり、誤りです。これは、あくまでも、真の父母様が選んでくださった指輪であるという、その正統性をアピールするためのものです。

 

(16)「漢南洞の父母様の写真を全部下ろして、お母様の写真だけを掲げさせた」という批判

 
image002 サンクチュアリ教会側に立つある人は、「漢南洞の父母様の写真を全部下ろして、お母様の写真だけを掲げさせた」と批判しています。ある人のブログには、基元節のお写真が掲げられている場面を紹介し、「この写真は、韓国ソウル龍山区漢南洞の文家所有の建物で行なわれた礼拝の一コマである。……朴仁渉氏の上に飾られている肖像画をよ~く見てもらいたい。韓鶴子氏だけで、文鮮明氏がいない!鮮が消されているのだ」という批判記事を書いています。

【応答】
 この批判は、事実確認もしないで、批判している、無責任な批判です。漢南洞の各部屋の写真を見ていただくと分かるように、実際には、各部屋に、真の父母様の写真が飾られています。

image2 image3
image4 image5
image6 image7

 私たちは、このような事実に反する批判に、惑わされないようにしなければなりません。

 

(17)「家庭連合」のマークに対する批判について

 

YouTube

YouTube

 サンクチュアリ教会側の人は、家庭連合マークは黙示録17章に出てくる「赤い獣」を表していると批判している。黙示録17章3節には、「一人の女が赤い獣に乗っているのを見た。その獣は神を汚す数々の名で覆われ、またそれに七つの頭と十の角とがあった」と書かれている。それが家庭連合のマークだと主張している。

正式

正式

 【応答】
 サンクチュアリ教会側の人が家庭連合マークを批判する時、「非正式のマーク」を用いて批判しています。例えば、「ヤギの毛と角のような、太陽にしては変な感じを受ける頭」とか、「手が手のように描かれておらず、動物の角のよう」という批判は、上のマークを見て語っているものです。これに、事実確認を怠った批判です。
image8 しかし、いずれにせよ、家庭連合のマークは、統一マークと同様、真のお父様が定めてくださり、天的な公認を受けているものです。事実、2003年2月6日、お父様が「神様の結婚式である」と言われた、いわゆる「2度目の聖婚式」のとき、統一マークと共に、家庭連合のマークが掲げられています。家庭連合のマークを批判することは、それを定められた真のお父様を批判することに他なりません。

 

(18)その他の批判を含め、総合的に留意すべきこと

 
一、真のお父様は、お母様について、次のように語っておられる

 ①「私が死んでも(お母様には)統一教会を導くことができる能力もあるので、お母様が説教する時が来るのです。…そのような時は、(お母様に)絶対服従しなくてはなりません。…一度決心すれば、最後まで自分一代でこの複雑な恨の峠をすべて清算するという決心が、私よりもお母様がもっと強いのです。…(お母様は)すべて掃除することができる主人になったので、先生よりもお母様をもっと重要視することができる統一教会の食口になれば福を受けるのです」(『真の御父母様の生涯路程⑩』351~352ページ)

 ②「お母様を中心として皆さんが一体になっていかなければならない時が来ました。もう先生がいなくても、お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。お父様がいない時は、お母様のことを思わなければなりません。そのように理解して、先生の代わりにお母様に侍る心を持ち、祈祷もそのようにするのです。今までは先生を愛してきましたが、これからはお母様を愛さなければなりません。……ここにおいて、先生が第一教主であれば、お母様は第二教主であると世界的に宣布し、天地に宣布します」(マルスム選集265-310、1994.11.27)

 上述のような主旨の御言は、他に数多くあります。真のお父様は、真のお母様を第二教主として立てられました。私たちは、その真のお父様のご意向に絶対服従すべきではないでしょうか。真のお父様は、「真の父母は永遠に唯一」であり、「空前絶後の父母」であると語っておられます。昨今、幾人かの子女様の発言には、そのような御言に反する言動が含まれており、実に遺憾なことと言わざるを得ません。

二、真のお父様の聖和後は、真のお母様を絶対中心として一体化すべきとき

 「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。今、先生を中心としてお母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様(韓鶴子夫人)を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。今、お母様が行く道は、お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の言葉を述べるのを許しません」(『祝福』1995年夏季号、68ページ)

 「アダムを中心として女性を創造した時と同じく、天の男を中心として女を再創造するのです。…世界的女性完成圏を代表した一人を中心として創造するのです。それを成してこられたかたがお母様なのです。先生の後にぴったりとくっ付いてきたのです(『真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道』77ページ、1992.7.1)

 「これからは先生がいなくても、お母様一人でみ旨に何の支障もないというのです。今までは、女性が天地を代表する摂理の代表者として立つことはできなかったのですが、父母の愛と一体的理想を中心として、はじめてお母様を中心とする女性全体の解放圏が地上に宣布されたのです。…ですから、先生が一人でいても真の父母様の代身であり、お母様が一人でいても真の父母様の代身です(同115-116ページ、1990.3.27)

 「お母様は私の影のようです。ついてまわる影のようなので、私は実体をもった主体の教主であり、お母様は対象の教主です。それで、私は第一教主、お母様は第二教主です。何を中心としてですか。愛を中心としてそうだというのです」(同116ページ、1990.5.6)

 「お母様を中心として皆さんが一体になっていかなければならない時が来ました。もう先生がいなくても、お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。お父様がいないときは、お母様のことを思わなければなりません。…先生の代わりにお母様に侍る心をもち、祈祷もそのようにするのです。今までは先生を愛してきましたが、これからはお母様を愛さなければなりません。…先生が第一教主であれば、お母様は第二教主であると世界的に宣布し、天地に宣布します」(同116-117ページ、1994.11.27)

 「先生が霊界に行ったとしても、お母様が地上にいれば、霊界と地上界の統一圏ができるので、いつでもお母様がいる地上に来て一緒に暮らすことができるのです。今、統一教会のメンバーの中にそのようなカップルがたくさんいます。一緒に生活しているというのです。誰も知らないところで対話しながら、『あなた、これはどうしましょうか』と言えば、すべて教えてくれるのです。『きょうはどこどこでこのようなことが起きるから注意しなさい。このような男性が現れてこのようなことがある』と言えばそのとおりになります。そのようなカップルがたくさんいます。霊界に行ったとしても、地上にいる人と一緒に生活することができるのです(同、117ページ、1993.10.15)

 このように、真のお父様は、聖和後は、真のお母様のところに降りて来られて共に生活すると公式的に宣言しておられました。決して子女様のところに降りて来られると語られたのではありません。私たちは、お父様が霊界から降りてきて共に生活すると言われた真のお母様を中心として一体化するべき時です。
 以上をもちまして、お話しを終わろうと思います。ありがとうございました。

― 以上 ―